花粉症の名医や有名な病院

改善報告多数の花粉症対策

花粉バスター

実は1日わずか5分の実践で、病院や薬に頼らなくても、自宅で花粉症を改善できる方法があります。


>> 詳細はこちら

伊藤龍一

日本で最も花粉症・アレルギーについて詳しい研究者の一人が教えてくれた方法。実にあっさりと治ってしまいました。

>> 詳細はこちら

名医のいる病院や有名な病院を紹介

日本全国の有名な病院や名医のいる病院を紹介しています。

 

神の手やスーパードクターと言われている医師も在籍している病院や、先進医療の導入を進めている病院もご紹介できると思います。

 

北海道・東北

北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県

関東

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県 栃木県 茨城県

北陸

新潟県 石川県 福井県 富山県

中部

愛知県 三重県 岐阜県 静岡県 山梨県 長野県

関西

大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県

中国

広島県 岡山県 山口県 島根県 鳥取県

四国

徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

花粉症の原因

花粉症は、アトピー性皮膚炎や喘息などと同じアレルギー疾患の1つだと言われています。アレルギーとは、なんらかの原因で異物が身体に入り込んだ時、その異物を排除しようとする身体の防御反応が過剰に起こってしまう事です。

 

つまり、花粉症の場合、アレルギーを引き起こす原因となる物質であるアレルゲンが、「花粉」と言う事になるのです。アレルゲンとなる花粉の種類は、現在国内で約50種類以上、一説には約80種類もあると言われています。

 

代表的なものとしては、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバ等が挙げられます。この中でも、一般的に良く知られているのはスギ花粉で、スギ花粉は毎年2月から4月にかけて飛散します。

 

この時期にくしゃみや鼻水と言った典型的な花粉症の症状が2週間程度続いたとしたら、アレルゲンはスギ花粉だと考えても良いでしょう。また、スギ花粉と並んでアレルゲンとして良く知られている花粉が、ヒノキ花粉です。

 

ヒノキ花粉が飛散するのはスギ花粉よりも少し遅く、3月から5月にかけてです。もし、スギ花粉のピークが過ぎても、花粉症の症状が治まらないという方は、スギ花粉と共にヒノキ花粉にもアレルギー反応を起こしていると考えられるでしょう。

 

また、ブタクサやヨモギの花粉は、秋頃に多く飛散します。花粉症はアレルギー疾患の1つですので、アレルゲンとなる花粉を身体に侵入させないようにする事が、花粉症予防には効果的と言えるのです。

花粉症の症状

花粉症の症状は、風邪の症状と良く似ています。その為、風邪が長引くと思って病院に行ったら、実は花粉症だったと言った事もよくある話です。それでは、具体的に、花粉症の症状にはどのようなものがあるでしょう。

 

まず、代表的な症状としては、

 

・鼻水がどんどん出てくる。
・くしゃみが止まらない。
・鼻詰まりがひどい。
・目が痒い。
・涙が出る。
・まぶたが腫れる。
・目が充血する。
・喉に不快感があり、咳が出る。

 

等が挙げられます。

 

この他にも、熱が出る、呼吸が苦しくなる、頭痛がする、身体や顔のほてり、 胃腸の具合が悪い、手足がむくむと言った症状が現れる場合もあります。また、イライラする、憂鬱になる、ボーっとして集中力が低下すると言った精神的な症状もあるでしょう。

 

ただ、精神的に起こる症状の多くは、花粉症による鼻水、鼻詰まり、目の痒みと言った不快感が原因となって起こる事が多いので、イライラや集中力の低下等の症状のみが現れる事はありません。

 

たかが花粉症と言っても、症状が酷い場合には、日常生活にまで支障が出てしまう場合もあります。

 

そのような時には無理をせず、早めに病院で診察を受けましょう。症状に応じて、不快感を軽減させてくれる薬が処方されます。また、花粉症の薬の効果には個人差があります。使用方法をきちんと守り、症状が改善されないからと言って、勝手に分量を増やすような事はしないようにしてください。